2007年04月29日

大崩山 アケボノツツジ開花情報

R.JPG
 
宮崎県の大崩山に行きました。
おおくえ山と読みます。
麓に祝子川温泉があります。
ほうりがわ温泉と読みます。
日本語が読める人には 普通そうは読めません。
 
小積谷わく塚尾根から登り 坊主尾根を下降しました。
何回か歩いていても 道に迷いそうな小積谷や
全行程30以上のハシゴや 多数のロープにつかまりながらの
アドベンチャーな登山です。
 
当然MTBは無理です。
もし 担ぎ上げれば世界初は間違いないでしょう!(笑)
 
この山の景観は中国山水画とかUSAヨセミテ渓谷的で
日本離れした迫力があります。
ただ 山頂が無意味に遠く
岩尾根が終わってから 鬱蒼としたクマザサをかき分けて
1.6kmも先にあります。
宮崎県の観光の発展のためにも 和久塚辺りに三角点を新設し
新しい山頂に大崩の名前を与えてほしいと 切に願います。
 
しかし 宮崎だけに そのまんま・・・
(すみません この落とし方 パクリです。)
 
アケボノツツジは中腹満開です。
開花前線上昇で連休中は申し分ないでしょう。
 
ついでに 先週末行きました 三重県鈴鹿山地の御在所岳
きっと連休中には 山頂付近まで咲き上がっていると思います。
花の呼び方には地域性があって
御在所岳ではアケボノツツジではなくアカヤシオと呼びます。
アケボノツツジとアカヤシオは違うと言われそうですが
お互いにそれぞれの亜種だそうです。

 
おわり  
posted by ニコ at 11:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ、ガハクです。
曙ツツジ、アカヤシオとは花が少し違うので区別できると図鑑には書いてありました。こちら奥武蔵地方で「ムラサキツツジ」と呼んでいるのと同じでしょうか。
この山ずいぶん得意な形をしています。花崗岩なんでしょうね。ハシゴとロープでの山登りではポピュラーにはなりにくいですかね?

ニコさんの山岳ガイドというご職業、日本にもあるとは(不勉強な馬鹿者ガハク)知りませんでした。よろしければその辺のこと機会があればまたお教えください。
Posted by ガハク at 2007年04月30日 15:27
ガハクさん こんにちは。
タイガース調子上がりませんね。
まぁ 中日もまだ調子出してないし 他の2チームはやがて息切れするでしょうし。
大丈夫でしょ!

アケボノツツジの仲間は3種類で もうひとつツクシアケボノツツジというのがありますが・・・細かい話は植物学者に任せましょう。
ムラサキ(ヤシオ)ツツジとは 花の形や開花時の葉の出かたが違うので ぱっと見て 違うタイプのツツジです。

大崩山は日本200名山ですが 宮崎県にあるというという地域性から 全国的にはマイナーかもしれません。 
関東の瑞牆山に近い雰囲気ですが コースによっては もう少し手強い山です。
Posted by ニコ at 2007年05月01日 05:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif にほんブログ村 自転車ブログ MTBへランキングサイトに参加しています。応援!お願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。